COLUMN

住宅ローンの恐怖。あなたの年収で今の住宅ローンを返せない3つの理由と実例を紹介

希望に満ちた新しい人生をスタート!と、意気揚々と住宅を購入したのはいいけれど、
ローンが払えない、この先ローンを払い続けるのは不安という人が意外に多いのではないでしょうか?

結婚や出産を期に、新しい家族と共に住宅ローンを組んで新居を購入。そんな幸せな家庭に突然降りかかる人生設計の狂い。家庭の経済状況が一変しローンが払えなくなるという人がいま急増しています。

理由は「収入の減少」「支出の増加」「予想外のトラブル」などいろいろですが、住宅ローン破産する人が現状では年間1万人以上といわれています。

そんな住宅ローン破産ですが、日頃の家計管理で防ぐことができたり、専門家に相談することで破産を免れる方法があることをご存知ですか?

ここでは、あまり知られていない住宅ローン破産について、その説明と解決方法をFPが詳しく解説していきますので、住宅ローンの返済に困っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

第1章 住宅ローンが返せない!その3つ理由とは?

住宅をローンで購入したのはいいけど、その後に仕事や家庭の環境が激変し計画通りに返済ができなくなることがあります。
その原因は大きく分けて3つ。すべてに現代の社会問題が凝縮されていて、いつ誰がそうなるかわからないことばかりです。

ケース1.収入の減少が原因

勤めている会社が倒産したり、リストラや昇給の見直し、ボーナスカットによる減収で、
計画していた返済計画にそってローンが払えなくなる人が非常に多くなっています。

ケース2.支出の増加が原因

支出の増加にもいろいろありますが、意外に多い原因が、離婚や別居による養育費や子どもの教育費です。その他にも予定外の転勤や引っ越しなど、当初計画していなかった出費に対応できなくなるケースが多く見受けられます。

ケース3.予想外のトラブルが原因

「収入の減少」と「支出の増加」という両方の原因になるの予想外のトラブル。
ローンを返済する契約者本人が病気になって長期入院となってしまうと、収入減と医療費の負担というダブルの要因が発生します。また、長期にわたる親の介護のために働けなくなったり、介護費用が大きな負担となって、自分のローン返済ができなくなるケースも目立っています。
その他にも、最近増えている自然災害で被災してしまい、住宅が破損し修繕費が負担できず破産する例もあります。

第2章 住宅ローン返済ができない!そんなときの対処法は?

住宅ローンが返済できなくなると、最悪は自己破産で自宅を没収されてしまいます。
そうならないためにも、ローン返済が厳しいと感じたら、すぐに実行できる対処を取りましょう。

住宅ローンの支払いが厳しいと感じたらどうするべき?

ローンの返済が厳しいと感じたら、まず見直すべきは生活費です。実際にFPに相談して、家族3人の家族で1か月の生活費を平均値の約半分の15万円に抑えて、ローンを完済した家庭もあります。
政府統計 家計収支より

FPと一緒に支出を減らすために家計を見直すのです。家計に無駄があれば、いくら収入を増やしても意味がありません。生命保険や学資保険などを見直してみるのも効果があります。また、住宅ローンの借り換えや、リスケジュールを金融機関に相談するのもいいでしょう。

住宅ローンが返せなくなった場合の対処法は?

どうしても住宅ローンが返せないと判断した場合は、残念ですが早めに住宅を売却して、リスクを最小に留めるように努力しましょう。無理に借金を増やして返済しようとすると多重債務となり、自己破産に至るケースもあります。売却が遅れて返済が滞ると、住宅を差し押さえられてしまい良い条件で売れなくなります。

第3章 専門知識で解決可能!住宅ローンに困ったらすぐにFPにお電話ください

もしもあなたが住宅ローンの返済でお困りなら、すぐに出張・相談料無料のFPに相談してください。住宅ローンなどの借金問題は、金利や差し押さえのリスクがあるので、とにかくスピードが大切です。
お金のドクターであるFPは、まずあなたの家計を客観的に見直し、無駄のないマネープランを提案いたします。そして、あなたの家庭に最適なリスクの少ないプランをプロの立場で診断いたします。返済可能な場合も不可能な場合も、その後の生活プランまでトータル的に継続して管理するのがFPの最大の特徴です。
生活の中で環境の変化や不安が生じたら、すぐにFPにお電話ください。無料で出張し解決いたします!

FP無料相談

保険の見直しやお金に関する悩みは、FPに相談してみませんか?相談はもちろん無料!相談する場所や時間もあなたの自由!客観的な視点で、あなたやご家族のライフプランにあった保険の見直しをお手伝いします。ぜひお気軽にお問い合わせください!

無料相談窓口


➿お客さま専用フリーダイヤル