COLUMN

奥さんの美容にかかるお金は月にどのくらいかかるの?平均と節約方法を紹介!

化粧品に美容液、美容室にエステサロン、さらにはスポーツクラブにヨガ教室と女性の「美容」にかける情熱とお金はいくらあっても足りないものでしょう。
また、自分の妻が綺麗なのは嬉しいけど、いったいどれだけ美容にお金を使ってるんだろう?なんて、気にはなるけど聞けない悩みをもつご主人様も多いのではないでしょうか。
実際に半数以上の男性が、自分の妻や彼女の美容やファッションへの費用が気になると答えています。そこで、奥さまが1ヵ月にかける美容日はどのくらいなのかを検証していきましょう。

第1章 毎月にかける美容への費用はいくらくらい?

女性にとっては毎日欠かせないのがお化粧などの美容費です。その費用は個人差がかなりあるでしょう。どのような化粧品を使うか、どのくらいの頻度で美容室やエステなどに通うかにもよれば、毎月美容に使えるお金がどれほどあるかにもよることでしょう。

また、歳をとるとそれまで以上にケアが必要となることも多く、美容にかかる費用も増えることが考えられます。

そこで、大手化粧品会社の調査結果をもとにして「美容費用と年齢」、「美容費用と年収」の関係について考察していきます。

美容費用と年齢の関係を検証!

女性の美容にとって年齢は大敵です。年齢と美容費用は、やはり年齢の増加とともに費用も増加するように思えますね。
化粧品はアンチエイジング効果の高い高級品になったり、エステサロンやスポーツクラブ、今流行りのヨガ教室に通う人も多くなるでしょう。
また年齢が上がると年収も増加するので、その増加分を美容にまわす人も多いのではないでしょうか。
では、実際にはどうなのでしょうか?年収500万円以下の20代から50代の女性のアンケートをもとに年代別の美容費用について見ていきましょう。

世代別の毎月にかかる費用はどのくらい?

今回の年収500万円以下で20代から50代以上の女性を対象とした調査では、全体の平均は8000円弱で、一般的に言われている平均1万円~2万円から見ると比較的節約されていると思われます。皆さんの上手な美容費用の節約方法は後で解説していきましょう。

20代女性の平均美容費用はいくら?

20代の女性が美容にかける平均費用は月額で約9300円となっています。
一般的な数値に近く、今回の平均を大きく上回っています。

20代の女性は、肌にハリとツヤもありますし体力面も問題ないので、美容の目的は「自分をより一層美しく磨くこと」ではないでしょうか。

30代女性の平均美容費用はいくら?

では次に、30代の女性が1ヵ月に美容にかける費用はいくらでしょうか。
アンケート結果は約7600円でした。今回のアンケートの平均に近くなりました。

この年代になると、スキンケア用品にお金をかけて「お肌のハリ」などをケアするようになってきますが、20代の平均と比べて1600円程費用が抑えられています。
これは、仕事を持ちながらも結婚して、子どもができたりして、自分の美容に時間もお金もかける余裕がなくなった事が原因と考えられます。

40代女性の平均美容費用はいくら?

40代女性の美容にかける費用は月額平均で約4800円という結果でした。
なんと20代から50代の中で一番低い結果となりました。

子育てや教育費用、対外関係などにお金がかかり、自分の美容にはあまりお金が使えないということが大きな原因ですが、「お化粧品の選び方」にも大きな変化がみられるようです。

興味深いのは、20代女性が「ブランド重視」で化粧品を選ぶのに対し、40代以上の女性は「質の良さ」を重視していることがわかりました。

長年の経験から、比較的安い化粧品の中から自分にあったものを選ぶ眼力や、長持ちする上手な美容院を選んだり、自分でカラーリングしたりして、上手に節約をしているのですね。

50代女性の平均美容費用はいくら?

ここまで20代から40代までの美容費用を分析して、予想に反して、年齢が上がると美容費が下がるという結果が出ました。50代はどうでしょうか?

50代の女性が美容にかける費用の平均額は約8000円という結果でした。以外にも20代に次ぐ金額となりました。

子育ても一段落して、収入面も安定してくるなか、体力面の衰えやアンチエイジング、スキンケアといろいろなところにお金をかけることが必要になり、また出来るようになったということが考えられますね。

第2章 美容費用と年収の関係を検証!

年齢と美容費の検証を前章でしてきましたが、年収と美容費はどうでしょうか?
ここでは、年収「300万円未満」の人と「300万円~500万円」の場合にわけて検証していきます。

実際のアンケート結果では、年収「300万円以下」の女性の美容費は約7900円で「300万円~500万円」の女性は約9600円という調査結果がでました。

やはり年収が多い人は少ない人よりも美容にかける費用が多いことがわかります。
しかし、その差額はというとそれほど多くないこともわかりますね。

美容の費用にかける費用は、年収よりも年代と生活環境、そしてその人の価値観が大きく影響するという結果といえるのではないでしょうか。

では次に、上手に美容費用を節約しているひとの「コツ」を見ていきましょう!

第3章 上手に美容費を節約する「コツ」を解説!

1ヵ月に美容にかける費用は人それぞれで大きく違います。しかしアンケート調査のコメントを見ると、どの方も「お金をかけたいもの」と「節約できるもの」をわけて、しっかりと節約をしていることが見えてきます。
この章ではついつい美容の費用を使いすぎる人、美容費用の節約が苦手な人に、上記のアンケート調査から見えてきた、上手にできる美容費用の節約術について考察し解説していきましょう。

美容費用が3万円を超える人はどう節約する?

月々3万円を超える費用を美容に費やしている方は、ヘアサロンやエステなどにお金をかけているケースが目立ちます。
美容室やエステなどを利用する際には、クーポンがあるサロンや割引ができるところをフリーペーパーやインターネットで探して利用する。また、休日はなるべく外出しないで化粧をしないなどの工夫で大きな節約が期待できます。

美容費用が2万円を超える人はどう節約する?

まずは、月々2万円台の費用がかかっている人と3万円を超える人の違いはどこにあるのでしょうか?
毎月の美容の費用が2万円台で済ませている人は、3万円を超える人に比べて「ネイルや脱毛」など、自分でできることをサロンではなく「自分で済ませる」ところに違いがあるようです。

美容費用が1万円台のひとはどう節約する?

では、1ヵ月の美容費用が1万円台の人はどこで節約すればいいでしょうか?
自分で前髪を切ったり、ヘアアレンジで美容室に行く回数を減らす。
また、美容には健康が第一です。十分な水分補給や運動と睡眠に気を付ける事でも、美容にかける費用は随分変わります。普段の生活習慣や健康管理で身体の内側を整えることで、美容にかける費用を抑えることができます。

美容費用が1万円未満の人の節約術は!

ズバリのキーワードは「セルフケア」です。
自分で前髪を切ったり、ヘアカラーも自宅でする。エステサロンに通っていたマッサージを自分でしたりスキンケア用品もオールインワンタイプのものを使うことで、大きな節約が期待できます。
また家族に毛染めやマッサージの手伝いをお願いできれば、より効果的にできますね。
また化粧品やスキンケア用品を買いだめや衝動買いしない。最後まで使い切る。無添加の化粧水を自作するといった方もおられます。
何よりも大切なのは「無駄にしない」化粧品の買い方、使い方が大切というのが上手に節約している人の特徴です。

第4章 相談料無料!FPに相談して日頃の無駄を検証してみましょう!

女性にとっては欠かせないし、おろそかにしたくないのが「美容」ですね。実際に多くの男性やパートナーも彼女や妻が「綺麗であってほしい」と思っているというアンケート結果が出ています。その反面、パートナーにとって気になるのも「美容にかかる費用」のようです。多くかければ「使いすぎ」と言われ、ちゃんとお化粧しないと「もっと綺麗にすれば」なんて言われる人もいるのではないでしょうか。
女性にとって「美容費」は、男性の「交際費」みたいなものかもしれません。双方が理解して、協力して「費用」を捻出していくことが「円満」な生活を送る良い方法ではないでしょうか。パートナーが綺麗で嫌な人はいませんからね。
そのためにも、普段からの生活に無駄があるのはもったいない!FPに相談して、家計の根本から見直せば、家族みんなの美容や健康に使えるお金が上手に無理なく捻出できるかもしれませんよ!

FP無料相談

保険の見直しやお金に関する悩みは、FPに相談してみませんか?相談はもちろん無料!相談する場所や時間もあなたの自由!客観的な視点で、あなたやご家族のライフプランにあった保険の見直しをお手伝いします。ぜひお気軽にお問い合わせください!

無料相談窓口


➿お客さま専用フリーダイヤル