COLUMN

確定拠出型年金で老後の資金は補える?確定拠出型年金の受け取り方ともらえる金額について

老後の資金や年金について調べている方は確定拠出年金と言う言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?
確定拠出型年金とは一般的な年金制度とは別に任意で入ることができる保険で利用を始めた月から積み立てていくお金を、運用して増やしたお金を年金のような形で60歳以降になってから定期的に受け取ることができる制度です。
そこで今回は確定拠出型年金がどんな年金制度担っているのか?確定拠出型年金の受け取り方やもらえる金額について解説していきたいと思います。

第1章 確定拠出型年金とは?確定拠出型年金の基礎知識を固めよう

確定拠出型年金とは、わかりやすく言えば自分で始めることができる年金制度になります。原則20〜60歳までの方であればあれでも始めることができる確定拠出型年金は、ご自身で掛け金を積んで、積み立てていきながら投資信託や企業などに投資をしたり、または貯蓄などをしたりすることで、60歳以降になってから一時金や計画的な年金としてお金を受け取ることができます。
それではどれくらいの金額をどのくらいの期間もらうことができるようになるの?と言う具体的な質問について、以下で答えていきたいと思います。

確定拠出型年金ってどれくらいもらえるの?どのくらいの期間もらえるの?

確定拠出型年金をもらう金額は元本に対して年利何パーセントかの運用歴で金額が決まるため、確定拠出型年金でもらうことができる金額は人それぞれです。
確定拠出型年金は年利何パーセントで運用することができるかで受取金額が全て決まるためれっきとした投資行為になりますが、運用する商品が多く企業による運用もできるため、初心者でも運用が可能で元本を大幅に失わないようにすることも可能と言われています。
また継続してもらうことができる期間ですが、こちらも運用する商品によってそれぞれですが、一般的に受け取り始める時期には縛りがあり60歳〜65歳までの間で受け取りを開始しなければなりません。受け取りを開始してからは積立金額に応じて受け取り期間が変動してきますので、大きな金額を積み立てることができた場合は一時金受け取りで受け取りながら、年金で受け取るなどのそれぞれの税制優遇措置を実施しながら受け取っていきましょう。

確定拠出型年金はどうやってもらう?

確定拠出型年金の受け取り方は3種類。一時金、年金、一時金と年金の組み合わせの3種類あります。

・一時金

確定拠出型年金の一時金受け取りのメリットとしては税制措置が優遇されていると言う点です。確定拠出型年金は退職所得と同じ税制措置になり、退職所得金の税措置は勤続年と連動して長ければ長いほど税控除が多くなるため、雑所得として処理されない点では税制措置に優遇された受け取り方法だと言えるでしょう。
しかし一時金で大半のお金を受け取ってしまうと年金としての貯蓄の機能が使えなくなり、散財の可能性もありますので気をつけるポイントになります。
ここで注意しなければならないのは、退職金と確定拠出型年金の一時金は同様に計算されてしまうと言うこと。
一時金として受け取る場合は退職所得として扱われ退職金控除に従いながら控除を進めていきます。退職控除の大まかな計算方法は
20年以上の勤続期間であれば、800万円+70万円×(勤続年数-20年)
20年以下の勤続期間であれば、40万円×勤続年数(80万円に満たない場合には、80万円)

となります。
【引用】国税庁 ホームページ

・年金

年金としての受け取りとしては上記の一時金のような税制優遇措置を受けることができないと言うポイントがデメリットになります。
しかし、65歳以上で120万円という枠内であれば課税されることはありませんのでその点では年金の税制措置が優遇されていると言えるでしょう。
年金で受け取れるメリットとしては貯蓄していたお金を期間べつに受け取ることができる安定性と言えるでしょう。

・一時金と年金の組み合わせ

税制措置を受けながら安定的にもお金を受け取ることができる方法としては一時金と年金の組み合わせが効果的な方法になります。
退職控除を利用するために一時金として大きな金額を受け取りながら、公的年金控除を受けるために残りのお金を年金として受け取るなどの方法で受け取ると最大限に節税をしながら確定拠出型年金を受け取ることができます。

確定拠出型年金にはこんなメリットがある!

確定拠出型年金はただ運用のためや貯蓄のための機能だけでなく、節税するための税制優遇があると言うポイントが確定拠出型年金の一番のメリットとなります。
具体的な例をあげると、確定拠出型年金で積み立てたお金は全て所得税の控除になります。公的な保険に入れない方でも確定拠出型年金であれば誰でも加入することができるため、個人事業主の方でも老後に備えた計画を立てやすいと言うメリットがあるのです。

第2章 確定拠出型年金を活用して老後の資金に備える方法を紹介!

どんな運用商品があるの?

運用商品は大まかにみてまず元本確保型と元本変動型の二種類に分かれます。
2つの種類の文字を見ていただくとどんな形になるのかがわかるかと思いますが、元本確保型保険は積み立てた元本としてのお金から積み立て保険に回したり、定期預金でお金を運用したりするため元本を一円も失うことはありませんが、その分多額のお金を運用して増やすことができません。
逆に元本変動型の場合は確定拠出型年金で積み立てたお金を使って為替や企業投資などに運用するため元本割れが起こる可能性があります。
以上が大まかな確定拠出型年金の種類ですが、まずはあなたがどれくらいのリスクでどれくらいの資金を必要としているのかを考えながら運用方法を決めましょう。

次にどんな商品を利用して運用をしていくのかについてご紹介していきたいと思います。
確定拠出型年金を運用する商品は数多く存在し、元本確保型保険の場合で定期預金や一般の保険、元本変動型保険の場合では投資信託や為替などを含めることができその数は保険や運用商品の数に比例します。
以下ではその中でも使いやすい保険についてご紹介していきたいと思います。

■元本確保型
定期預金・一般保険

元本確保型の資金の運用方法でオーソドックスなものは定期預金や一般の保険の利回りを利用した運用になります。
預けているだけで増えるお金ですからもちろん損をすることはありませんが、積み立てたお金が莫大な金額でない限り、なかなかお金を増やすことは難しいです。
一般的な保険の返戻率を利用した運用方法もありますので両方を利用しながら運用していくのが良いでしょう。

■元本変動型
投資信託

確定拠出型年金で選ぶ投資信託には多くの種類があり、国内株式、外国株式、国内債券、国外債券、不動産への投資信託などさまざま。
リスクを避けるためにも投資信託の場合は株式と投資信託の両方を選びリスクのバランスを取りながら運用を進めていくこともできます。投資信託はバランスを取ることでリスクを少なく大きな利益を出すことができる方法ですが、投資の知識がないとうまくいかないこともありますので、じっくり検討しながら進めていくことをお勧めします。
詳しくは以下から。

為替保険

元本変動型の運用方法としてリスクは高いものの、一番大きな儲けを出すことができるのは為替保険の利用だと言えるでしょう。
為替保険というと外貨建て保険が有名ですが、返戻率を考えて利益を出していく保険であるために普通に為替としてトレードをした方がいいという意見もありますが、リスクを考えると外貨建て保険のような為替保険を利用する方が良いでしょう。

第3章 掛け金はしっかり見直そう!随時FPに相談しながら運用しよう!

いかがでしたでしょうか?今回は確定拠出型年金の基礎的な知識から一般的な運用方法の種類までをご紹介いたしました。確定拠出型年金はリスクが少なくかつ貯蓄もできる老後の資金の運用方法です。とはいえしっかりとした計画を立てて、正しい知識を持って運用していかなければ、出せる利益も出せなくなってしまうリスクがあります。
そこで投資やお金の運用が初めてと言う方には一度FPと一緒にどんな運用方法でどのような投資をしていくのかを考えていきませんか?
「保険の見直しくん」ではお金のプロであるFPへの相談が無料。FPは皆さんのお金の悩みをお待ちしております。

FP無料相談

保険の見直しやお金に関する悩みは、FPに相談してみませんか?相談はもちろん無料!相談する場所や時間もあなたの自由!客観的な視点で、あなたやご家族のライフプランにあった保険の見直しをお手伝いします。ぜひお気軽にお問い合わせください!

無料相談窓口


➿お客さま専用フリーダイヤル